ジョン先生のお葬式に出席して来ました。

ジョン先生のお葬式は墓地にある教会で執り行われました。沢山の人が集まって、ジョンの思い出を語り合い笑いあり、涙あり。
棺の中のジョン先生は一ヶ月間保存されていたとは思えないほど綺麗で、手を触らせてもらったら冷たかったです。

 

葬儀の後、墓地に棺を埋める約2時間の間はリフレッシュメントと言いまして、参列した人たちが食事をしながらお喋りをするのですが、その間にこれからポアカラニにどのように貢献できるのかという事で何人かの人とお話ができました。久しぶりのお友達に会えて、実のある話がいっぱいできてよかったです。あってお話しした皆さんに感謝です。

 

帰りの飛行機の中で「アロハ*スピリット」(カミムラマリコ著)という本を読みました。
古代ハワイアンのスピリットをハワイ語をキーワードに解説する本です。その中で'Uhaneがとても大切な言葉として何度も出ていました。’Uhaneとは魂の事です。'Uhaneは自分の本質であり、宇宙へ繋がっているものであり、無限であり、常に正しい。そのようなことが書かれてありました。(多分この解釈であってると思うんだけど)
で、’Unaneはジョン先生が私のお教室につけてくれた名前なのです。Na Uhane O Hawaii Kuiki「ハワイアンキルトの魂」
ここで、初めて涙が出ました。飛行機の中で声を殺して泣きました。
ジョンとお別れしたことが悲しいのでなく、そういう名前をつけてもらえた事に今更ながら深く感謝と感動をして泣きました。
ジョンの訃報を聞いても、棺の中のジョンを見ても、泣くほど心が動かなかった私は相当な人でなしだと思っていたのですが。

私は自分が大した事ない人間だということを知っています。そんな私がハワイアンキルトを伝える者として何が出来るのかと、常々思っているのですが、ちょっとだけ勇気を出して前に行こうと思います。

 

写真はオアフセメタリー(墓地)でのもの。

 

日本のキルターさんたちがお金出し合ってお花を出しました。

 

お花は棺を埋めたところにしばらく飾られます。


最後の写真は、ホテルから頼んだタクシーがこんなだったというお話。おばちゃん二人が葬式に白いでっかいリムジンで乗り付けたという.....珍騒動。

昨日、一昨日とハルさんの中学校の文化祭でした。
PTAが主催する保護者の作品展みたいなのがありまして、不肖私めもハワイアンキルト の作品を出展してきました。
プロである私がガチに作った作品を、自慢たらしく出展するなんて『大人げない』かな。などと思っていたけど、あにはからんや。
出展していたパパママたちは、書道のプロ。ぬいぐるみ作家のプロ。木工のプロ。オリジナル雑貨作りのプロ。プロ。プロ......
私を含め、皆、ガチの人達でした。
なーんだ、大人気ないのは私だけじゃなかったんだー。よかったー。あはははー

 

******

 

火山キルトです。


ハルさん指を剥離骨折したり、文化祭だったり、バタバタしてアップしてませんでしたが、着実に前に進んでます。


この作品で一番気に入っているのは、火山から両脇に吹き出す炎の表現。うねりながら吹き出し、風に煽られて形をかえて、そんな躍動する炎。

好きな部分をキルティングしてると楽しいです!

人生色々ありますが、時間は否応無しに過ぎ、やっつけないといけない仕事はたまります。

 

来年4月下旬、うちのお教室の作品展があります。
私は、それに向けて150cm四方の『火山』をテーマにしたキルトを作成中です。

この作品の写真を案内ハガキにしようと思っています。
ハガキを作るタイミングからすると、この作品は今年中に完成させないといけません。
がしかし!中々針が進まないので自分にプレッシャーをかけることにしました。
できるだけ毎日、数時間の作業をし、それをネットにアップして行きます!

え?そんなの見たないって?はいはい。それでもやりますよ〜。

更新が二日無ければ作業が止まってます。
その時は『先生、進んでませんよ〜』と、ツッコミ入れてください。

 

とりあえず、本日の状況。
完成したのは全体の三分の一。
しつけによってできた1マスを私は三時間くらいでキルトするので、未完成の40マスx三時間で少なくともあと120時間くらいキルトにかかりそうです。1日2時間、キルトを毎日すると、12月末には完成しそうです。いやしかし、本当にギリですね。

ジョンとの思い出話です。
2001年、私がハワイに住み始めて二、三ヶ月の何もわかってない頃のこと。
ハワイアンキルトがどんなものかも知らず、友達に引っ張られて行ったクイーンエマのサマーパレスのキルト教室でジョンに会いました。

 

私たちが作業の合間に休憩していると、ジョンが私たちに「ちょっとこっちこい」と声をかけ庭に連れて行き、そこに咲いているオヒアレフアの赤い花と黄色い花をブチブチとちぎって
「これはオヒアレフア。ハワイアンキルトするなら、ちゃんとハワイの事知っときなさい」と、言いながらレフアを私たちに手渡してくれました。初めてジョンと言葉を交わしたのはこの時。

 

その言葉をもらったからこそ、ハワイのことを勉強し始め、それがデザインに繋がっていきました。
ジョンはこうなることを知ってたんでしょうか?
もしそうなら本当にジョンは不思議な力を持ってたんだなあ。と思います。

 

デザインは、今年6月にハワイに行ったとき作ったもの。
イオラニパレスでジョンの真似をして二時間で描き挙げました。
オヒアレフアが向かい合って”Nice to meet you”と挨拶している図です。
多分、これがジョンに会える最後になるだろうと覚悟して、ジョンとの一番最初の思い出を描いたのです。

ジョンは分かってくれてたかなあ?

10月1日にジョンセラオ先生が亡くなりました。

覚悟していたのでショックはありませんが、もう会えないのかと思うと寂しいです。
先生は今天国で、私達を見守ってくれているはずです。

10月1日ジョン先生が亡くなりました。
私がデザインをやっていたのは、ほぼ、ジョンに褒めてもらいたかったから。
これからは、ポアカラニのキルターのためにデザインします。
私がジョンに報いるのはこれしか無いから。
ジョンありがとう。

 

11月3日がお葬式です。

11月2日からハワイに行き、お葬式に参加して次の日に日本に帰ってきます。

 

ダンナにとって初めてのペットがかっぱちゃん。
最初、猫特有の気ままさに戸惑い気味だったけど、四年たった今
『猫は愉快な同居人』と言ってます。

そんな同居人との昼寝は息がぴったりのシンクロぶり。


 

おまけ

早朝の光がキルトに当たる度に思うのです。
ハワイアンキルトはキルトラインが作る陰影が本当に美しいなあと。

 

何色も使ったカラフルな作品を日本人は好みがちですが、現地でトラディショナルキルトは2色のみ使います。
シンプルな2色のキルトにハワイの強い日差しが当たった時にできる陰影が奥行きと立体感を作る。だから、多色づかいのキルトでない方が美しい。

 

ポアカラニのキルトは1.5cmから2cmくらい厚みのあるキルト芯を使うので、キルティングは時間がかかるし大変なんだけど、エコーキルトのプクプク感はたまりません!

京橋は結構なターミナル駅でして、そんな所にクソ生意気にも事務所なんて構えたもんで、お家賃で常にキュウキュウな私。
だから事務所で使ってるコーヒーカップが割れてたとしても、家で余ってるの持ってきゃいいんです。
が、雑貨屋さんで見つけてしまった。田舎のおばあちゃん家のおいてありそうなノスタルジー誘うカップ。気がつけば買ってました。物欲に負けた自分を叱りつつ、これも昨今の秋の風情のせいだと言い訳しつつ。
まあ、1セット1000円やし。そ、そんな無茶苦茶高ないし....

 

******


9月19日の生徒の皆さんの『命吹き込み中』の作品です
Hさんのマンタはセンター部分はサークルパレットを使っていますがレイの部分は無地の布を使っています。言われないとわからないくらい馴染んでます。

 

Tさんの亀さんと椰子のキルトはキルティング中。亀さんの目のキルトが大変!とのこと。頑張れー!!!

 

Iさんのモンキーポッドは本日カットとセット。クリームチーズのようなベースの布に、優しい水色の組み合わせが、なんとも優しい。

 

うちの中二の息子ハルさんの家庭科のテストで、イワシの手開きをするというのがありました。
ビデオで手開きの手順を見て、実施テストするって、当たって砕けろ感がすごい。


テスト二日前に「手開きってどうすんの?」と聞かれたので、イワシ十匹ほど買ってきて練習しました。
私もやったことはあるんだけど、20年ぶりの作業だったもんでイワシさんミンチ状態に。二人でイワシを潰しまくったおかげでフードプロセッサー無くてもツミレが出来る勢いでした。

 

お陰様でハルさんは評価5をゲットしました。
うちの子のレベルで評価5ということはテスト中の家庭科室の惨状は如何なものかと想像したら.....とにかくメデタシ。

 

 

<<秋なので美味しいキルトを>>

 

ストロベリーグァバ
ハワイに近代に持ち込まれた外来植物。
グァバの仲間で3〜4cmくらいの真っ赤な可愛い実をつけます。
食べると蕩けるほどの美味。
鳥獣にも大人気で、食べては種をあちこちにばら撒くもので、大繁殖してハワイ固有の植物を駆逐してしまいます。
そんなこんなで、ハワイでは有害植物指定されています。

このキルトは可愛らしくもしたたかに行きていくストロベリーグァバにあやかりたいと。

人から有害指定されても平気なくらいの図太さがあれば人生楽やんか。

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM