今回のハワイ旅行は感謝を伝える旅でした。
18年前、私がハワイに住むことになったのはダンナがハワイに転勤になったから。
私がハワイアンキルト に出会ったのは、友人が無理やりポアカラニの教室に連れて行ってくれたから。
私が講師になれたのは、たまたま絵が得意でデザインができるようになったから。
全て、自分がそうしたいと強く望んだわけでは無く、その状況に合わせて、それを一生懸命にこなしていたらこうなった。
私の意思ではない何か大きな力が私を呼び寄せてくれたような気がします。

で、私はハワイの神様に感謝しにきたのです。

 

****

フォートデラッシーは以前私が住んでいたコンドの近くなので、ハルが産まれてからほぼ毎日散歩に行ってたところです。
アメリカ軍が管理している大きな公園で、イベントが行われることはほとんどなく、いつも静かです。


ある時、ハルと散歩中に、その一角にティーで囲まれた10x5mくらいの場所があることに気がつきました。
そこには70cmくらいの高さの石が三つ置かれていました。
ティーで囲まれているというのは、そこが聖域であることを示しており、石を祀っているのだと思いました。

以前シシーに、その場所について聞いたのですが「わからない。お墓じゃない?」みたいな返事で、アメリカ軍に電話かけてその石について聞く勇気もなく。
誰に聞いても、その存在さえ知らない、ワイキキの真っ只中にある不思議な聖域。私はそこを『私だけが知ってる神様/POHAKU(石)さま』と呼んで心の中で拝んでいたのです。

 

POHAKUさまのスケッチ↓(なんか写真を撮るのは失礼な気がしてスケッチしてきました)

****

 

時は流れて、今回の旅行では、毎朝フォートデラッシーに行き、POHAKUさまに挨拶して、ちょっとだけ「気」を練ってみてから(人に見られると恥ずかしい)一日の行動開始。

何がびっくりって、それをすると『気』が確実にパワーアップしてたこと。初心者なので『気』を感じることさえ難しかったのです。
ちなみに『気』はハワイ語では『Mana』です。

去年から「気功」を練習し始めたのも、ジョンが、「ノブコの手はヒーラの手だ」と言ったから。
6月2日にジョンに会った時に、ジョンに私の「気」を当てた時は「すごい熱い!」と言って目を丸くしてました。

神様がお膳立てしてくれて、ジョンが私に行く道を見せてくれて、そうやって、私はその道を一生懸命行くのだと。
そして、何だか上手く行ってて、本当にありがたい。そして不思議だなあ。
とにもかくにも、ありがとうございます。ハワイの神様!

写真はジョンとのツーショット。


 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM